院長ブログのトップへ

HSP~どうしても「気になってしまう」こと

2022-02-03

おはようございます。大阪市梅田は快晴です。今日も寒いですが、暖かくお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が傷ついたり、悩んだりする原因の大半は、

人間関係だといいます。

 

 

 

 

プライベートでも、仕事でも、あるいは心の中で、

人はたくさんの人と関わりながら生きています。

 

 

 

 

温かい関係、信頼できる関係もあれば、

 

そこで 軋轢 や 摩擦 も起こったりもします。

 

 

 

 

特に、感受性が強く、繊細さを持っている人は、

嫌なことがあれば、「傷つく度合い」は大きいでしょう。

 

 

 

 

相手の何気ない言動にも、鋭く感性が働くからです。

 

 

 

 

 

仮に、

 

接してくる側、言ってくる側が

 

「悪意」や「隠された意図」を持っている場合、

 

 

   当人はそれを隠しているつもりでも、

 

 

 

感受性の強い人には、

その悪意が、すぐに 分かります。

 

 

 

 

 

 

態度、しぐさ、雰囲気、言葉のトーン、

目の動き、表情、

分かる人には、分かります。

 

 

 

 

 

 

そういうタイプの人は長年にわたって

何度も繰り返し、嫌な経験をしてきているので、

対人不信 が「トラウマ」になっていたりもします。

 

 

 

 

 

 

もちろん知らぬ間に、

思い込みが強化されてしまっている部分もあり、

 

 

 過敏に反応してしまっていて、

 誤解してしまうこともあるでしょうし、

 

相手に 悪意 など全くないのに、

深読み してしまうこともあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、

少しぶっきらぼうな対応をされただけで、

「嫌われている」と思い込んでしまうことは

とても辛いことです。

 

 

 

 

 

その結果、相手を避けるようになったり、

人づきあいが苦手になったりしまうからです。

 

 

 

 

 

 

相手に「どんなつもりで こんな言葉を吐いたのだ」

と頭で考えたら、 

怒りは増幅して、自分が疲れてしまいます。

 

 

 

 

しかも、その怒りは相手には全く届きません。

 

 

 

 

 

「怒り」と「恐怖」というものは、

扱い方が非常に難しく、

ともすれば、後々まで引きずってしまいます。

 

 

 

 

 

その都度、うまく リセット するためには、

その場でいったん深呼吸をしたり、

何かを唱えることもいいでしょう。

 

 

 

 

 

「平気、平気」

「大丈夫、大丈夫」でもいいですし、

 

 

  自分に合った言葉

  安心できる言葉

  勇気が出る言葉を

 

 

その都度、自己暗示 として

心の中で唱えることは、非常に有効でしょう。

 

 

 

 

傷ついたり、悩んだりする”タネ”を

はね返す「の役割を果たしてくれるからです。

 

 

 

 

 

もともと繊細さがある人に、

 

  その強さが備わってくれば、

 

より生きやすくなっていくでしょう。

 

 

 

 

いい意味での図太さも必要でしょう。

 

 

 

 

 

劣等感も同じで、人を苦しめてしまいます。

 

 

 

 

他人と比べて、「自分は劣っている」という思いは、

心を縮こまらせますし、

悩みや苦しみにつながってしまいます。

 

 

 

 

 

隣の芝は青い」という言葉があるように、

 

なぜか、他人のものはよく見える、

よく見えてしまうものです。

 

 

 

 

 

 

易々と仕事をこなし、幸せな家庭を持っていて、

人生を順調に生きているように 見えて、

そう感じてしまいがちです。

 

 

 

 

実は、その人は

見えないところで懸命に努力をしているかもしれません。

人知れず悩んでいるかもしれません。

 

 

 

 

しかしそれは、見えません。

 

 

 

 

 

きっと人の幸不幸は、

「自分」と「周り」では、同じくらいなのでしょう。

 

 

 

 

だからこそ、この現世で出会っているのでしょう。

 

 

 

 

「自分が上」で、相手を見下してしまうと、

冷たい人間になってしまいます。

 

 

 

「自分が下」であれば、卑屈になり、

自分の不幸を嘆く生き方になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

禅語に『放下着』という言葉があります。

 

 

 

 

これは、捨ててしまいなさい、という意味の言葉です。

 

 

 

 

「放下」は放り投げる、投げ捨てるということ。

「着」はそれを強調する語です。

 

 

 

 

 

 

まず、捨てるべきは”比べる心”でしょう

 

 

 

 

 

 

「比べる対象」にじっと目を凝らし、

その動向に一喜一憂していたところで、

何の意味もありません。

 

 

 

 

 

外に向けると、人は人に執着を持ちがちなので、

自分の内面に目を向けていきましょう。

 

 

 

 

 

 

自分の内面なら、

うまく比較することは

必ずプラスに働くでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

〈かつては分からなかったこと〉が、

分かるようになってきた

 

できなかったことが<できるようになった>、

 

「以前の自分」と「今の自分」を比較することで、

変化を感じられます。

 

 

 

 

 

この変化を感じることが 学び なのでしょう。

 

 

 

 

自分の変化成長は、大きな励みになりますし、

自分を向上させるための原動力にもなるでしょう。

 

 

 

 

 

そのためにも、

 

   自分の長所には敏感に、

 

   短所には鈍感になることは

 

とても大事なことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

世の中には、

 

〈六か月でビジネス英会話がマスターできる〉

〈一か月で10キロダイエット〉

〈自己変革は簡単〉

〈この投資をすれば間違いない〉

 

 

そうした類(たぐい)の情報は溢れています。

 

 

 

 

 

現代はある意味、

短所(苦手、不安、恐怖)を補う情報には、

事欠かないです。

 

 

 

 

 

もちろん、苦手の克服も大切でしょう。

 

 

 

 

 

しかし、苦手なこと=「マイナス」を、

 平均レベルまで引き上げるには

大変な労力がいります。

 

 

 

 

 

人には短所もあれば、必ず、長所もあります。

 

 

 

 

いろんな考え方があるでしょうけど、

短所を補うより、長所を磨く方が、

はるかに効果的ですし、精神衛生上もいいでしょう。

 

 

 

 

 

人前に出るのが嫌なら、裏方として、

縁の下の力持ちとして、輝くのがいいでしょう。

 

 

 

 

 

ここも良い意味での図太さです。

 

 

 

欠点はあってもいいのです。

 

 

 

欠点は「個性」であって、

 

短所や失敗ばかり見るのではなく、

 

 

   むしろ視界から追い出していき、

 

 

 

長所にフォーカスする図太さを持ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

悩でいる人、自信が持てない人の多くのは、

 

自分の欠点、失敗ばかりに意識がいきがちで、

 

≪自分の長所に気が付いていない≫ケースが非常に多いです。

 

 

 

 

 

 

 

自分の長所を見つけ、その長所を腑に落とし

それを大切に育み、強化していきましょう。

 

 

 

 

 

 

・自分の負い目や劣等感と

 

・自分の長所に対する揺るぎない自信が

 

 

 

うまくバランスが取れたとき

 

 

その人は生き辛さから「解放」されていくでしょう。

 

 

 

 

 

 

勢い も出てくるでしょう。

 

 

勢いは生きる力となり、邪を払います。

 

 

 

≪運勢≫という字は「勢いを運ぶ」と書きます。

 

 

 

 

 

 

運勢を良くしたいなら、自分に勢いをつけていきましょう。

 

 

 

 

 

 

そのためにも、本分を知り、使命を知り、

その何かに没頭していきましょう。

 

 

 

 

何かに没頭しているとき、

人は恐れを抱きません。

 

 

 

 

 

 

没頭し情熱を注ぎ続けることが、

 

 

 生きることに意味や安らぎをもたらしてくれるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございました。

****************************************************

潜在意識からのヒーリング、

関西で催眠療法、前世療法、

インナーチャイルド療法なら、

大阪市梅田のヒプノセラピー Pure Solution

******************************************************

セラピーについてご質問、ご不明な点がございましたら、どんなことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。いかなる場合でも、24時間以内に御返事させていただきます。

ヒプノセラピー(前世療法・インナーチャイルド・願望実現)によって、潜在意識に働きかけ、肯定的で前向きな人生を手に入れましょう。

Tel078-862-1865(完全予約制)

「pure solution」は、人間の催眠状態を利用した最新の心理療法である「ヒプノセラピー」によって、通常はアクセスできない潜在意識に働きかけ、問題解決や自己成長を促すセラピールームです。

ヒプノセラピーPure Solution

Copyright© 2012 Pure Solution All Rights Reserved.