院長ブログのトップへ

[認知バイアス]という罠(わな)

2021-10-21

おはようございます。大阪市梅田は快晴です。今朝も部屋のお掃除から始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はスマホで、

 

 ニュースや、話題になっていることを簡単に知ることができ、

 SNSで相互発信できるので、

 

受け取る「情報量」が爆発的に増えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

情報入手は、簡単になりましたが、

 

 

その分、

 

 情報の取捨選択

 真偽を判断する能力 が非常に重要になっていて、

 

 

 

その判断は難しくなるばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、「認知バイアス」について書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

<認知バイアス>は

 

 

誰もが持っているもので、

 

 

 

 

物事の判断が

 

 

 

  ≪ 先入観 ≫ や ≪ 思い込み ≫ によって、

 

 

 

 

歪んでしまったり、非合理的になる現象をいいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、必ずしも

認知バイアスは悪いことばかりではありません。

 

 

 

 

 

 

 

  バイアスがあるからこそ、

 

 

 

私たちは自分なりの考えを持つことができ、

 

 仮説・理論を検証することができますし、

 

  自分の世界に集中することも可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、バイアスがなければ、

 

処理しなければいけない情報が 無限に 増えてしまい、

 

 

 結局、情報の洪水の中に巻き込まれてしまい、

 

 

 何も分からなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイアスとは「 フィルター 」みたいなものでしょう。

 

 

 

 

 

 

私たち人間は、

それぞれのバイアスという「フィルター」を通して、

[現実]を見て、感じ、解釈をし、結論を出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈自分の認知バイアス〉の正体 を知らないと、

 

 

 

  特定のバイアスが 強化 され続け、

 

 

 

  それに 無意識に支配 されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自ら気付かない限り、

[軌道修正]ができないので、

 

 

いつの間にか偏ってしまい、

歪んだ認知の世界に 埋没 してしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

 

そこが、認知バイアスの難しさ危うさだと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かを信じることは大切ですが、

 

 

 

   同時に、肯定的な批判、客観視をしていかないと、

 

 

 

 

[思い込みの狭い世界]に入りこんでしまい、

 

 

 

 

   柔軟性多様性寛容性から離れていき

 

   結果的に、生き辛さが深まってしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精神分析の大家フロイトは、

 

人間の 自我 は、それが痛手を受けるのを避けるために、

 

 

  半ば自動的に自分を守るため

 

 

≪ 防衛メカニズム ≫が働くことを発見しました。

 

 

 

 

 

 

そして、フロイトの娘アンナ・フロイトは、

それをさらに発展させ、

 

防衛メカニズムのその主たるものは

〈 反動形成 〉だと説きました。

 

 

 

 

 

 

 

この「反動形成」は、

 

自分で認めたくない考えや欲求が

 

わき起こってきた場合に出てくる反動(真逆の行為

 

 

 

のことを意味します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

 好きな相手に意地悪をする、

 

 人が嫌がる仕事を喜んで引き受ける、

 

⇒認められたい、必要とされたいといった想いから、

 本当は嫌な相手(仕事)を、好きだと思い込む、

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった生き方を続けていると、

 

 

 

 

  どうしても ストレス が溜まってしまい、

 

 

 

 

うつ病や対人不信、自己否定、

 

怒り、恐怖、虚無感などネガティブな感覚

強化されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

往々にして、人はその考えや欲求を 無意識に 押し込んでしまい、

 

 

 

   その代わりに、意識上(顕在意識)では、

 

 

 

それとは全く反対の考えや欲求を

持っていたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

常に、私たちは、矛盾を抱えているといえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

頭でわかっていることと、

 

 

  実際に突き動かせられる衝動、欲、言動が

 

 

異なるのはこのせいだと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…人間が持つ注意力は限られています。

 

 

 

 

 

人間は未熟な存在であり、誰もが不完全です。

 

 

 

 

 

 ですから、

 

 分からないことも、

 思い通りにならないことも多いですし、

 

 失敗することもあるのが

 むしろ、自然なことかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

そして、そういう未熟さを併せ持っているので、

すぐに 影響を受けて、感化されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

  めったに起きないことも、

 

  報道やネットで可能性を繰り返し、見聞きしていると、

 

  その残像、印象がに残り、

 

 

 

「認知バイアス」によって

行動が制限されたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

経済学者のロバート・マイヤー氏は

人間には 6つの厄介なバイアス があると説いています。

 

 

 

①近視眼的思考

②忘却

③楽観

④惰性

⑤単純化

⑥同調

 

 

 

 

 

 

一つ一つをよく考えると分かるように、

このようなバイアスは、

状況によって、プラスにもマイナスにも転じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私たちの 脳 は、

 

 「バイアス」を通した

  限られた情報をもとに

 

物事を 判断 するようにつくられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

情報は限られているので、

「確実な正解」を望んでもなかなか得られないでしょう。

 

 

 

 

 

どうしても最終判断は、ある種「賭け」になります。

 

 

 

 

感覚的な何か、直観、インスピレーション、

動物的な勘などかもしれません。

 

 

 

 

 

 

当たる確率が、少しでも高まるような判断を

していくことが必要なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

科学においても同じで、

どの理論も容赦なく訂正されていきます。

 

 

 

 

 

 

誤りがあれば、そこから学び修正 する。

 

 

 

 

 

 

どれほど神聖化された理論であっても、

いつか訂正され、上書きされる運命にあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 「バイアス」はすべて暫定的なものです。

  世の中と同じで、常に変化していくもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

人生の中で、迷うこと、

 

 

  ふさぎこみたくなることなること、

 

 

自暴自棄になることも

 

 

  沢山あります。

 

 

 

 

 

 

 

常に正しい判断をすることは難しいですが、

 

 

 

 

  自分というを出発点を持ち、

 

 

 

 

 

 

  〈恐怖〉や〈先入観〉にとらわれず、

 

 

 

 

 

 

 

できるだけ冷静に シミュレーションすることが

重要なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   『 Chance favors the prepared mind 

        (幸運は準備した者の心に宿る)

               ルイ・パスツール         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございました。

***********************************************************

潜在意識からのヒーリング、

関西で催眠療法、前世療法、

インナーチャイルド療法なら、

大阪市梅田のヒプノセラピー Pure Solution

*************************************************************

セラピーについてご質問、ご不明な点がございましたら、どんなことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。いかなる場合でも、24時間以内に御返事させていただきます。

ヒプノセラピー(前世療法・インナーチャイルド・願望実現)によって、潜在意識に働きかけ、肯定的で前向きな人生を手に入れましょう。

Tel078-862-1865(完全予約制)

「pure solution」は、人間の催眠状態を利用した最新の心理療法である「ヒプノセラピー」によって、通常はアクセスできない潜在意識に働きかけ、問題解決や自己成長を促すセラピールームです。

ヒプノセラピーPure Solution

Copyright© 2012 Pure Solution All Rights Reserved.