院長ブログのトップへ

ヒプノセラピー~ネガティブな感情を解放

2013-01-13

おはようございます。大阪市梅田は快晴です。

 

 

今日はネガティブな感情を感じたときの行動について書いてみようと思います。

否定されたくない、自分はよく思われたい「」の欲に駆られた時、あるいはひどい仕打ちをされて怒り、不満を感じた時、、一般的に人が否定的な感情を抱いた時の行動は、大きく2つあります。

 

1つは、文句や愚痴を言うなど、怒りを「発散」しようとする行動。

 

もう1つは、無理やりなかったことにしようと目を背けて我慢する「抑圧」の行動です。

 

発散する場合、文句や愚痴を言っている間は、さらに怒りが心の中に刻み込まれ、怒りのエネルギーが心の中で充満します。誰でも理不尽なことや悪質なことをされたら怒りが出てくるのが自然です。しかし一方で怒りはエネルギーを奪ってしまいます。

 

怒りや恐怖、罪悪感は心理的に刺激が得られますから、その刺激を脳は「気持ちいい」と勘違いしてしまったりします。それが脳のメカニズムであったりします。

 

しかし、発散をしているようで、ある性質性格が知らぬ間に徐々に強化されてしまいます。

ですから、対象と距離をしっかりとっていくことは非常に大切なことです。

 

文句や愚痴をいうと脳に刺激が強いがゆえに、気持ちいいと錯覚を覚え、嫌なことがあったらすぐに発散しようと条件付けされてしまうのです。大半の人はそれをほぼ無意識にやっています。

 

それを繰り返していると、その人の感情のパターンや性格がどんどん強化されてしまいます。

怒りをモチベーションにして仕事や活動に打ち込んでいる人も世の中にはたくさんいます。

怒りを愚痴や他者否定、他者攻撃だけで終わらせるのではなく、生産的なもの、世に役立てることに活かせるかどうかが、大きな分かれ目になるかもしれません。

 

抑圧しようとしても、自分の感情に対して「それは良くない」と感情をぶつけることになりますから、より複雑な屈折した感情が条件付けされたりします。繰り返しになりますが、こういうことは無意識でおこなわれている領域です。

 

どんな人も歪みや未熟な部分がありますが、放置しておくとだんだん生き辛さが深刻になってしまいます。

人間の心は自分はいま、「ムカつく」ことが真実だと思って、それが究極の真理であり、正しいと思っています。《私は「ムカつく」…と思っている》《私は「ムカつく」…と思っている》と繰り返し念じてみます。そして、《いま「ムカつく」…と思っているだけであって、それは真実ではない。自分の心が作り出しているだけのものである》と認識するトレーニングを積んでいきます。

 

大切なことは、今感じているネガティブな感情に浸るのではなく、できるだけ第三者の視点で切り離した上で、肯定も否定もせず受け入れることだといいます。もちろん状況によって、難しいこともあるでしょう。できない自分を否定しないこと、今の状況から少し軌道修正していくことで、学びは深まっていくでしょう。

 

何度も「○○と思ってるだけ」と念じて、自分の心を客観視するのもいいかもしれません。

 

このように、一呼吸おくことで、少しでも冷静になれ選択肢も広がっていくのかもしれません。

 

 

辛い過去、トラウマや心の傷を癒していきましょう。

そして自分らしい生き方を構築していきましょう。

 

ヒプノセラピー(催眠療法、インナーチャイルド療法、前世療法)が潜在意識のクリーニングに役立てばと願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございました。

***********************************************************

潜在意識からのヒーリング関西催眠療法

前世療法インナーチャイルド療法なら、

大阪梅田ヒプノセラピー Pure Solution

************************************************************

セラピーについてご質問、ご不明な点がございましたら、どんなことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。いかなる場合でも、24時間以内に御返事させていただきます。

ヒプノセラピー(前世療法・インナーチャイルド・願望実現)によって、潜在意識に働きかけ、肯定的で前向きな人生を手に入れましょう。

Tel078-862-1865(完全予約制)

「pure solution」は、人間の催眠状態を利用した最新の心理療法である「ヒプノセラピー」によって、通常はアクセスできない潜在意識に働きかけ、問題解決や自己成長を促すセラピールームです。

ヒプノセラピーPure Solution

Copyright© 2012 Pure Solution All Rights Reserved.